CIP概要
NEW'S(予定)
NEW'S(報告)
インテリアプランナーとは
CIP入会案内
会員の紹介
お問い合わせ
文芸美術国民保険案内
アクセス
JIPA組織
地域IP
建築技術普及センター
LINK

■What's IP

インテリアプランナーとは

インテリアプランナーは店舗や住宅、オフィスや公共施設などのインテリアプランニングにおける企画・設計・工事監理を行うインテリアに関する知識と技術に習熟していて、国土交通省所管の財団法人 建築技術教育普及センターが行う試験に合格し、登録を受けた資格者のことです。

インテリアコーディネーターは、基本的に「インテリア関連物品の流通・販売、又はそのコーディネート」を行う人たちを称してそう呼びますが、インテリアプランナーは家具・ウインドトリートメント・カーペットなどのインテリアの専門的な知識はもとより、建築法規・消防法・構造・設備など、建築等に関わる基本的知識を持ち備え、公的な資格をあたえられています。

インテリアプランナー制度

インテリアに対する多様な要求に対応した総合的な質の高いインテリアを実現するため、建築物のインテリア設計等に携わる技術者の資格制度を確立することにより、インテリア設計等に関する知識及び技能の向上を図り、インテリアに対する多様な要求に対応した総合的な質の高いインテリアを実現するため、昭和62年度に創設され、平成12年度まで、国土交通大臣が認定する審査・証明事業として建築技術教育普及センターが実施しています。

インテリアプランナーの業務

ヾ覯

専門的な知識を生かしてユーザーに対して適切なアドバイスを行い、さらにさまざまな表現技術を使ってユーザーの求めるインテリアの具体的なデザインイメージを作ることにより、インテリアの企画を行います。

∪澤

できたデザインイメージに従い、空間構成・室内環境の計画や内装構法・仕上げ材料の選択、エレメントの設計・選択等を行い、必要な設計図や仕様書等を作成します。

9事監理

これらの設計図書をもとに、求められるインテリアが正しく仕上がるように工事の監理を行います。

インテリアプランナーの称号を得るには

インテリアプランナーの称号を得るには,建築技術教育普及センターが実施するインテリアプランナー試験に合格し、登録を行うことが必要です。

・受験資格 当該年の4月1日現在20歳以上の者

詳しくは、建築技術教育普及センターのウェブページをご覧下さい。


前のページに戻る
ページのトップへ